「不動産がいつまでも売れない悩み」

お役立ち情報

不動産がいつまでも売れない悩み

本日のテーマは「不動産がいつまでも売れない悩み」についてです。

物件を売り出しているけれどなかなか売れないとき、どうしたらよいと思いますか?

まだ、検討中の売主様にとっては耳の痛い話かもしれませんが、よくあるご相談の一つなので今のうちから頭に入れておいて損はありません。

物件が売れない原因は、実は2種類に分類することができます。

==================================

  1. 相場より高めの価格で売り出している
  2. 相場並みの価格設定で売り出している

==================================

相場より高めに設定している場合は、売り出し価格を下げるしかありません。

相場よりも高い価格で不動産を売却できるということは、滅多にありません。

できるだけ高く売りたいお気持ちも分かりますが、最終的に売れなければ1円にもなりません。

相場よりも高い価格で売り出しているときは、相場に即した価格に変更して告知しましょう。

2つ目の相場並みの価格設定なのになかなか売れない方が少し厄介です。

売却される不動産が時流に合わないときや、売主様の好みが強く物件に反映されている場合は、品質が良くてもなかなか売れないことがあります。

この場合、相場よりも低い価格に設定するか、売れるまで長い時間を覚悟する必要があります。

そこで、どちらの場合にも使える方法をご紹介します。

それは、広告の仕方です。

企業が商品を売るとき広告で宣伝するように、不動産売却でも広告は大切になります。

とはいっても、不動産の広告は溢れんばかりの量が存在しています。

1番馴染みがあるのは不動産販売のチラシ広告です。

他にも販売中の不動産をまとめているサイトに掲載するとか、また、インターネット広告も多くの人に見てもらえるチャンスが増える広告です。

たくさんの広告があるため、掲載情報がよくある内容については、物件の良さが伝わらず購入してもらえません。

広告を作る際のポイントは

===============================

不動産の良さが分かるお客様に向けて、良さが伝わるように表現できているか

===============================

たとえば、不動産ポータルサイトやインターネット広告に家の魅力が伝わる写真や物件情報を掲載しているかです。

購入したくなる物件のアピールポイントをわかりやすく記載すると反応も良くなる可能性があります。

少し大変と感じているかもしれませんが、一つの突破方法として覚えておかれることをおすすめします。

不動産売却の世界では、なかなか不動産が売れないことがよくあります。

もし、不動産が売れなくて困ったときは今回のブログを思い出してみてください。

本日は以上です。

また、次回も不動産売却に関する情報をお届けいたします♪

楽しみにお待ちください(^_-)-☆

お友達追加

関連記事

この記事へのコメントはありません。