「不動産売却の優先順位」

お役立ち情報

不動産売却の優先順位

今回のテーマは「不動産売却の優先順位」についてです。

皆さまは、不動産を売却する際に何をもって成功と位置付けますか?

もちろん、できるだけ高く、トラブルなく、期間も早く売却ができるのなら困りはしないと思います。

しかし、不動産の取引自体が高額なので一筋縄ではいかないことも・・・

そこで今回は、納得のいく不動産売却のための優先順位を考えてみたいと思います。

【何を優先するか決める】

  1. 高く売ること
  2. 早く売ること
  3. トラブルなく売ること

それではひとつひとつみていきましょう。

———————————–

  1. 高く売ること

———————————–

不動産を高く売ることを優先する方は多いです。

あなたにとって高く売るとはどういうことでしょうか?

考えられるのは・・・、

・近隣相場よりも高く売却できたケース

・難しいと思っていた価格で売却できたケース

などでしょうか。

仮に売主様の売却のゴールが高く売ることなら、多くの人に物件を知ってもらうために、広告や不動産ポータルサイトに掲載するなど販売方法を不動産会社と相談してみましょう。

また、リフォームやリノベーションを行い、不動産に付加価値をつけて修理代以上に高く売却する方法も良いでしょう。

———————————–

  1. 早く売ること

———————————–

金額よりも、とにかく早く売ることを優先する売主様も多いです。

例えば、このような場合です。

・いち早く現金化したい

・引越しする家のローンが始まっている

・相続税の納付期限が近づいている

仮に売主様の不動産売却のゴールが早く売ることでしたら、おすすめは「不動産会社への売却」です。

不動産会社が買取りをするという方法があります。

もちろん買取り希望者を探しても良いのですが、例えば売却不動産がマンションですと、修繕積立金や管理費がその期間も発生しますので、早めに売却したいところです。

不動産会社の買取り相場は、仲介売却相場の60~70%程度になります。

買取は、最短1週間程度で現金化ができ、「瑕疵担保責任」が発生しないなどのメリットもあります。

3つ目はこちらです。

———————————–

  1. トラブルなく売ること

———————————–

戸建や土地の売却を行う場合、売却前に近隣とトラブルになってしまう場合があります。

その中でも例えば、「境界トラブル」というものがあります。

トラブルが起こりそうな物件を売却する時は、トラブルがないように売却することが成功と言えるでしょう。

仮に境界トラブルであれば、不動産売却の前にきちんと境界を特定し、広さなどを確定した状態で売却すると、トラブルなく売却できます。

元々、境界に関して納得がいかずトラブル続きだった場合は、土地家屋調査士に相談されるとか、法務省の制度「筆界特定」を利用して、近隣の住民と境界を確認することをおすすめします。

不動産が新しい持ち主になる前にきちんと境界問題を解決しましょう。

いかがでしたか。

本日お伝えしたポイントを確認して、何を優先して売却したら良いかの参考にしてください。

本日は以上です。

また、次回も不動産売却に関する情報をお届けいたします♪

楽しみにお待ちください(^_-)-☆

お友達追加

関連記事

この記事へのコメントはありません。