お役立ち情報

住宅取得資金等の非課税制度について

お客様が住宅ローンを利用せず、ご両親が資金援助をするケースが結構あります。その際に「相続時精算課税制度※詳細は前日ブログ参照願います」とセットでお伝えしています。◆住宅取得資金等の非課税制度とは?令和5年12月31日までの贈与が対象ですが、子供ないし孫が住宅を購入するための資

お役立ち情報

相続時精算課税制度について

住宅購入資金として両親などから資金の贈与を受けた場合、「相続時精算課税制度」「住宅取得等資金の非課税制度」という2つの贈与税の特例制度の適用を受けることができます。弊社でも贈与についての相談は実際に多いです。今回は、「相続時精算課税制度」について発信します。◆相続時精算課税制

お役立ち情報

不動産会社の査定価格とお客様の希望価格に差がある!

先日、売主様より査定依頼をいただきました。その際に知ったことですが、以前一括査定サイトで査定額が一番高かった(二番と大きな開きがあり)不動産会社と専任媒介契約を結んだとのこと。しかし、その後売れずに月日だけが過ぎていき、担当者から「売れないようなので価格を下げてみましょうか」との

お役立ち情報

不動産売却の流れ

土浦に住んでいるお客様より、マイホームを売却したいがどういう流れになるのか知りたいと相談がありましたので、ブログで取り上げたいと思います。もちろん土浦の不動産に限らず大まかな流れは同じです。マイホームを手放す場合、売却と賃貸の2パターンがありますが、売却についてご説明をさせていた

お役立ち情報

セットバックと固定資産税

◆セットバックとは?建築基準法では、家を建てるための土地には接道義務があり、4m幅以上(地域によっては6m幅以上)の道路に2m以上接していなければなりません。防災について考えると、消防車が入れるような道路が整った街づくりをするためです。ところが自動車が一般的ではなかった昔につく

お役立ち情報

10年特例用地について

◆10年特例用地とは市街化調整区域の土地にでてくる言葉で、この該当する字と隣接地に10年以上居住していた方が住居を建てることができる用地となります。通常建物を建築する準備として建築確認が必要となりますが、そのほかにここでは開発許可も必要となり、10年特例とはその申請要件のひとつ

お役立ち情報

居住用財産を売却したときの譲渡所得について

売却益が発生した場合◆居住用財産を売却特別控除の3,000万円が適用される場合があります。される場合とは、現在も住んでいる、もしくは、住まなくなってから3年後の属する日の年の12月31日までに譲渡した場合に限ります。例えば、住まなくなったのが令和4年3月18日なら3年後の令和

お役立ち情報

地震と空き家

空き家リスク昨日の地震、びっくりしました。皆様、大丈夫でしたか?土浦の明日、明後日の天気予報は雨です。土砂災害などの警戒も必要です。身の安全確保を最優先に行動してください。職業柄、地震のたびに空き家の倒壊被害が頭をよぎります。空き家の怖いところは、メンテナンス不足による耐震性

お役立ち情報

再建築ができない不動産でも売却できるのか?

結論:売却自体は可能しかし、買主様は次の2点にご納得いただける方に限定されます。融資を受けられない可能性があるので、現金で購入できること建築確認申請の伴わないリフォームを行いながら維持管理すること売主様にとっては、このような制限がある不動産を売却するため、安価な金額での売