「不動産売却で後悔しないためのポイント(前編)」

お役立ち情報

不動産売却で後悔しないためのポイント(前編)

今回のテーマは「不動産売却で後悔しないためのポイント」についてです。

不動産を売却する機会は多くの方にとって、一生涯に何度もあることではないはず。

それなのに、3人に1人以上(39%)の方が「売却後に後悔した」と、アンケートで答えているのです。(アットホーム調べ「中古物件の”売り手”と”買い手のキモチ」調査)

では、どうしたら後悔することなく売却をすることができるのでしょうか。

不動産売却時にありがちな「5つのポイント」を事前に知ってさえすれば、売却活動をよりスムーズに行え、後でがっかりするというようなことも防げます。

【売却時に気を付ける5つのポイント】

  1. 事前に周辺相場を調査しておく
  2. 査定額だけで判断しない
  3. 売却の最低価格を決めておく
  4. 売り出すタイミングを見極める
  5. 購入検討のお客様への第一印象が大切

それでは、1つ1つ解説していきます。

——————————————

  1. 事前に周辺相場を調査しておく

——————————————

不動産会社に相談する前に、まず自分で相場価格を知っておくことも大切です。

そうすることで、相場を知らずに売却相場に程遠い強気な価格設定をしてしまうとか、不動産会社の高額な査定額を信じてしまうことを防ぐことができます。

自分で相場を調べるときは、まず近隣の物件がいくらで売れたかを把握すると良いでしょう。

調べる際には、「公益財団法人東日本流通機構」の特設サイト(Reins Market Information)がおすすめです。

こちらのサイトで検索すると、簡単に近隣の成約事例を知ることができます。

■公益財団法人東日本流通機構

http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

———————————–

  1. 査定額だけで判断しない

———————————–

不動産一括査定サイトなどを使って複数の仲介会社に依頼をすると、思わぬ高額な査定額が提示されることがあります。

「わぁ、嬉しい」と思って、すぐ飛びつかないようにしましょう。

このような場合、担当者が査定額の根拠をしっかりと説明できるのであれば全く問題ないのですが、営業成績を上げたい担当者は、売却の依頼欲しさに実際には売れもしない金額を提示してくるケースもありますので、ご注意ください。

また、不動産会社に売却の依頼(仲介)をする契約を「媒介契約」と言います。

媒介契約には「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があり、どの契約を結ぶかは売主様が決めます。

どの契約を選んでも、不動産会社に支払う仲介手数料は同じですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

どれが良いとか悪いとかは特にありません。

売主様ご自身の事情、売却の理由などに合わせて、納得のいく媒介契約を不動産会社に相談してください。

不動産会社と相談するポイントは次の通りです。

・媒介契約はどれがお勧めか?

・販売活動はどうするのか?

・価格を下げるタイミングは?

このようなポイントの説明に納得をして売却を開始してください。

弊社では、お客様のお考えやご事情(スピーディに売却など)にしっかりと寄り添って媒介契約の特徴や違いをご説明し、媒介契約をしてまいります。

不動産の売却で失敗しないための最初の1歩を解説していますが、次回のブログで残り3つの大事なポイントをお伝えしていきます。

本日は以上です。

また、次回も不動産売却に関する情報をお届けいたします(^_-)-☆

楽しみにお待ちください♪

お友達追加

関連記事

この記事へのコメントはありません。